いろいろな種類の包茎がある

男性の下半身のコンプレックスで多いのが包茎で、いろいろなパターンがあります。パターンによって治療が必要かどうかは異なりますが、コンプレックスに感じているのなら病院で診てもらったほうがよいでしょう。

重い症状の包茎ならば

真性やカントンといった種類に属する包茎の場合は、コンプレックスに感じているかどうかは関係なく、一度病院で診てもらうことをおすすめします。これらの包茎はコンプレックスという言葉では片付けられない、厄介な症状を起こすことがあるため、専門家に手術が必要かどうかをチェックしてもらったほうが確実でしょう。

軽めの包茎でも悩んでいるなら

自身で問題なく剥けるような包茎は、仮性と呼ばれていて、無理に手術をする必要はありません。清潔に保つのに手間がかかりますが、それさえできれば、放置しておいても大丈夫でしょう。ただし、コンプレックスに感じているのなら、手術することをおすすめします。恋愛における自信などにも繋がりますので、今後のチャンスを逃さないためにも、仮性包茎を治してしまいましょう。

病院を選ぶときに考えること

真性やカントン包茎の場合は、保険が適応されることがあるため安価で手術を受けられる可能性が高いです。しかし、包茎手術をしたと周囲にばれたくないのなら、美容系の病院の利用も考えましょう。美容系は治療だけではなく、見た目の改善も考えてくれるため、自然な状態をしっかりと作り上げてくれます。なお、仮性の場合は保険が適応されないことが多いため、迷わずに美容系のクリニックに訪れることをおすすめします。

包茎とは男性器の先が皮で包まれた状態のことをいいます。状態によっては呼び方が異なり危険性があるものもあるので注意が必要です。