増えてきている!墓じまいって何をするの?

墓守が減ってきている

昔は、子孫が墓を守っていくという流れが当たり前でした。子供や孫がいる人であれば、いつまでも墓を守っていくことができますが、少子化が進む現在は墓を守る人自体が減ってきています。なかなか墓参りに行くことができない、将来的に墓を守ることができないという場合の選択肢のひとつが、墓じまいです。

墓じまいをするとどうなるの?

墓じまいは、墓石などを廃棄し更地に戻していくものです。ただ、墓の中には、遺骨が納められています。そのため、墓じまいをする時には遺骨を移動する先を決めておくことが大切です。

遺骨はどうすればいいの?

遺骨の移動先は、菩提寺や納骨堂が一般的で、それ以外に散骨や手元供養という方法もあります。菩提寺の場合は初期費用のみで済むことになりますが、納骨堂の場合は維持費が必要になります。維持費が問題で墓じまいをするのであれば、遺骨を納めた後にかかる費用についても考えておく方が良いでしょう。

墓じまいを行う時の問題点は

墓じまいを行う前にしておきたいのが、親族の同意を得ることです。同意を得ないまま、勝手に手続きを行うと、親族間でトラブルが起きる可能性があります。墓というのは、後継者だけでなく多くの親族が足を運ぶことも多いものです。そのため、手続きを行う前には、親族全員の同意を得ておくことが大切です。墓じまいを提案しても、親族が同意をしてくれないということは珍しくありません。更に、費用負担の問題で揉めることもあります。それでも、トラブルを未然に防ぎたいのであれば、しっかりと話し合いをしておくことがおすすめです。

墓じまいの費用はなるべく安く済ませたいもの。墓の維持費にお金をかけてきた場合は尚更です。お墓のある所が遠方でお墓参りの交通費を捻出するのが大変だった方も、最後は費用を抑えたくなるのは当然です。