自称有名人の知り合いは本当に信用できるのか?

有名人の知り合いに一般人が含まれているのは当たり前

テレビなどで大活躍の有名人も、私生活ではごく普通の人であり、一般人の家族や友人も当然存在します。そのため、一般人の中には当然、有名人の兄弟や姉妹、友人が紛れ込んでいるということになります。場合によっては、そういう人と仲良くなり、友人を紹介するといわれて会いに行ったら有名人が現れて驚いたということもあるでしょう。しかし、有名人の知り合いを自称する人が必ず事実を述べているとは限りません。あの有名人の兄弟だ、あるいは友人だと吹聴したとしても、それを確認する術はないからです。有名人に電話をかけて、「あなたの兄弟だといっている人がいるんですが、本当ですか?」と聞くことはほぼ不可能なので、とりあえずそうなんだと認識するしかありません。

有名人の名前で信用させてだまそうとする人もいる

ただ、自称有名人の知り合いだと名乗る人が、次のような言動を取ってきたときは注意して、できれば離れるようにしましょう。まず、「お金を貸してくれ」といってきた場合は、だます目的の可能性が高いです。有名人と知り合いだといっている人は、それだけで信用できると錯覚してしまい、つい貸してしまうことがありますが、返ってくる可能性は低いでしょう。実際、「自分は有名人のマネージャー」と名乗って、いろいろな人にお金を借りて返さなかった人が存在します。メールやSNSで連絡してきて、「有名人が相談相手を探しているので、あなたにその役目を引き受けてほしい」といってきた場合は、ほぼ間違いなく、「指定するサイトでやりとりしてほしい」と出会い系サイトに誘導されるので注意しましょう。

山本英俊は、1955年生まれ、愛知県出身の実業家です。また、馬主としても活動していて、多くの名馬を所有し、いくつもの重賞レースを制しています。