これさえ知っておけば安心できる!免許取得の流れと必要な費用

自分のペースで取得ができる通学による取得

運転免許を取得するためには法律で定められた学科と技術を学ぶことが義務付けられていますが、その選択肢は大きく分けて2種類あって、その一つが通学です。

この方法は、一般的な学校のように教習所に通学をする形で運転や勉強を行なう方法になります。通学の場合は授業を受けるためにその都度自分で予約をするのが特徴で、自分のペースで取得ができるのがメリットです。

その反面、週末や学生の長期休みの時期は混雑が予想されて希望する時間に授業を受けられないこともあるので注意が必要になります。

短期間で取得したい人のおすすめの合宿

免許の取得には通学のほかに、合宿による方法もあります。こちらはその名の通り、教習所が用意している宿泊施設に泊り込む形で取得を目指す形です。合宿は事前に卒業試験までの授業が決められていて1日を通して勉強ができることから、通学が数ヶ月なのに対して数週間程度の期間で取得できるのがメリットになります。

しかし、入校から卒業まで学業や仕事を休まなくてはいけない点や、地元の教習所の場合は合宿を利用できないケースもあるので注意が必要です。

通学と合宿での費用の違い

教習所に通う上で気になってくるのが取得までに必要な費用です。

一般的に通学で取得をする場合に掛かる費用は30万円前後とされています。とはいえ、こちらはスムーズに教習を終えた場合の金額で、再試験などを受けることになると当然費用が増えてしまうので注意が必要です。

それに対して合宿の場合は宿泊設備など教習所によって若干の違いはありますが、平均で20~25万円程度の費用とされています。これには宿泊代や食事といった料金も含まれていることから、費用を抑えて取得をした人は合宿がおすすめです。

合宿免許は普通・大型の二輪免許も扱っており、集中できる環境で学べばレベルの高い運転技術を得られるでしょう。